賭狂がゆく

港澳(香港、マカオ)往来28年、人生如賭博

悠仁親王殿下、“賭皇”への期待

 

筑波大附属高校に通われている悠仁親王殿下が自校の文化祭を楽しまれた由。

 

FRIDAY DIGITAL9月24日配信記事より 

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

カジノで悔しがり…悠仁さまが「文化祭」で見せた”16歳の素顔”

(https://friday.kodansha.co.jp/article/265918 )

「うわー! 残念!」

カジノの部屋から、男子生徒たちのひときわ激しく悔しがる声が上がった。9月10~11日に行われた筑波大附属高校の文化祭である「桐陰祭」。秋篠宮家の長男・悠仁さまも初めての桐陰祭を楽しんだ。

(~中略~)

「2年のクラスが催したカジノに3~4人で連れ立って現れたところを見かけました。作り物のコインを使って、もちろん実際にお金を使うわけではありませんが、運営する生徒はそれらしい演出で説明をしたり、けっこう本格的なんです」(在校生)

「賭けているうちに熱くなって(笑)。負けが込んでしまって、めっちゃ悔しがってましたよ。ああ、ふつうの男子だな、と思いました」(在校生)

(以下略)

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

 

賭博嫌いの所謂“良識ある人々”が眉をひそめそうな記事だが、「人生賭博の如し」がモットーの筆者はそんな人々とは真逆の立場なので、実に喜ばしい話だと思っている。

 

賭博は「貴人の嗜み」、双六などの博奕を楽しんだ歴代天皇の系譜を悠仁親王殿下も受け継がれていると思うと感慨しきりである。

 

日本書紀」によれば本邦初の賭博禁令は持統天皇3年(689年)に持統天皇が発した「禁断双六」(双六禁止令)である。しかし双六賭博は当時の上流階級のみならず一般にも普及し、持統天皇の曾孫に当たる聖武天皇などは大の双六好きとして名を馳せていたほどである。

 

正倉院北倉の御物「木画紫檀双六局(もくがしたんのすごろくきょく)」は聖武天皇愛用の双六盤である。

 

そして平安時代には、「賀茂河の水、双六の賽、山法師、是ぞわが心にかなわぬもの」で有名な白河法皇後白河法皇後鳥羽上皇錚々たる面子が現れた。後白河法皇などは人生そのものが博奕みたいなもので、相当楽しまれたのではないだろうか。

 

以前にも述べたように“良識ある人々”からブーイングを食らうのを承知で断言するが、「勝負強く」ありたいと願う人にとって勝負ごと、賭け事は絶対に必要である。

 

何故なら人生に必要なのは才能、努力に裏打ちされた「実力」だけでなく、計測不可能な「運」をも呼び込む『勝負強さ』。これを養うために必要なのは、やはり「勝ちたい」という勝負への執念と精神的な強さを持続すること。

 

そしてカジノで賭ける、または「読み」を必要とする博奕に賭けるという行為は、例え少額であっても『勝負強さ』であるとか「運」の流れを読む能力を養うことに繋がってゆく。

 

悠仁親王殿下も賭博を通じて「勝負師の矜持」を養ってゆかれるならば、いずれ我が国を代表するお立場になられたときに『勝負強さ』を発揮されるに違いない。それは我が日本国の隆盛に繋がってゆくであろう。

 

将来の“賭皇”が統べる我が国の未来は明るい。

 

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

ブログランキングに登録しています。

応援いただければ、下記アドレスをクイックお願い致します。

https://blog.with2.net/link/?2009463 )

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

 

ENEOS不祥事でも逆行高とは

 

22日の日経平均株価は前日比-764.06の25,221.41(-2.94%)だが、元会長のご乱行が暴露されたENEOSホールディングスは逆行高を演じている。昨日終値は前日比+1.8円の506.4円(+0.36%)。

 

ハレンチ案件という不祥事で壊滅的な下落を演じるかと思いきや、500円台を維持しているのだから株式の世界は不思議である。そしてENEOSの各種指標を見る限り、特に割高感は無い。

PER:(連)9.51倍

PBR:(連)0.52倍

1株配当(年間)22円

配当利回り:4.34%

 

例の事件は7月に発生している。そして直近3ヶ月の株価チャートと出来高、信用倍率の推移から見て、恐らく8月中旬には杉森前会長の不祥事が株価に織り込み済みだったのだろう。

 

これは筆者の推測だが、8月初旬の時点で大口機関投資家/団体には不祥事情報が出回っていたのではないだろうか? 知らぬは個人投資家ばかりなり…といったところか。ある意味「イカサマ賭博」のようなものである。

 

しかし以前から述べているように、公明正大に見えても賭博と名のつくものは常にイカサマの存在を疑うべきで、株式投資もその例外ではない。

 

負けてイカサマがどうこうと御託を並べるよりも、黙って利を取るのが勝負の世界の掟である。

 

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

ブログランキングに登録しています。

応援いただければ、下記アドレスをクイックお願い致します。

https://blog.with2.net/link/?2009463 )

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

 

ENEOS元会長辞任の内幕漏洩

 

去る8月に突如辞任したENEOS元会長の行状を新潮が暴露し、各メディアも一斉に追従し始めた。

 

FNNプライムオンライン9月21日配信記事

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

ENEOS元会長 セクハラ辞任 「一身上の都合」真相が判明

(https://www.fnn.jp/articles/-/420458 )

8月に一身上の都合で突然辞任した、石油元売りの最大手ENEOSホールディングスの元会長。その理由は、女性へのセクハラ行為だったことがわかった。(以下略)

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

 

これら報道を受けてENEOS側も昨日、事実関係を公表した。

 ↓

ENEOSホールディングスHPニュースリリース

2022年9月21日

<当社元会長に関する一部報道について>

(https://www.hd.eneos.co.jp/information/upload_pdf/20220921_01_01_0960492.pdf )

 

ちなみにENEOSグループは自らの理念をHP上で掲げ、高い倫理観としてこう打ち出している。

 

 

新潮の記事内容が全て正しいと仮定してだが、杉森前会長はENEOSグループ従業員にはこういった倫理観を求めながら自らは真逆のことをやっていた訳で、やはり権力を持つと自分に甘くなるのが人の常なのだろう。

 

そんな御仁があの巨大なENEOSグループのトップは勿論、経団連副会長および石油連盟会長という役職に就いていたとは・・・日本経済の凋落も当然と云うべきか。

 

もっとも新潮報道に対する疑問点もある。

 

事件の舞台となった那覇市の歓楽街の「女性が接客する飲食店」とは、どのような営業形態の店だったのだろうか? 過去の類似事件もそうだが、この辺りの報道が無いのは何故だろうか?

 

また事件は7月に発生し、女性従業員は全治2週間のケガと言うから立派な傷害事件である、ところが報道を見る限り警察が取り扱う事案になってはいないようだ。それが何故、9月の今になって新潮がスクープしたのか?

 

察するに示談交渉が上手くいかず業を煮やした店側(女性従業員側)が漏らしたのか・・・。

 

ちなみに、以前にも書いたが株式の世界では「事故は買い、事件は売り」と云われる。しかし昨日、今日とENEOSの株価は壊滅的な下落を演じること無く500円台を維持している。機関のカラ売りが急増している訳でも無いので、もしかしてこれは「買い」なのか?

 

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

ブログランキングに登録しています。

応援いただければ、下記アドレスをクイックお願い致します。

https://blog.with2.net/link/?2009463 )

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

 

The Queen Save HongKongers

 

19日に挙行された故エリザベス二世女王陛下の葬儀には、イギリスに在住する多数の香港人も哀悼の念を表明した由。

 

Yahoo!雅虎香港ニュース9月19日配信記事↓

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

【英女王國葬】移英港人下機即買鮮花悼念 有港人駕車往溫莎堡作最後道別

(【英女王國葬】移英港人下機即買鮮花悼念 有港人駕車往溫莎堡作最後道別 (yahoo.com))

已故英女王伊利沙白二世今(19)日舉行國葬,全球共 2,000 名國家代表和貴賓將會出席儀式,英國當局亦預計多達 100 萬人送別女王。不少移居英國香港人今日亦出席儀式,希望目送英女王最後一程。(以下略)

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

 

イギリス在住の香港人の内、かなりの人々が昨今の香港政府=中共による民主派弾圧を嫌って脱出してきた。

 

例えば筆者が6年前に香港で会った香港民主派政党「香港眾志」(Demosistō,香港衆志、弾圧で解散に追い込まれた)の元主席だった羅冠聰・前香港立法会議員は2年前イギリス政府に難民申請が受理され、現在はロンドン在住である(今のところ無国籍扱い)。

 

そういった難民認定人士の他、元々BNOパスポートBritish National Overseas passport、イギリス国民(海外)パスポート)を持っていた人、民主派弾圧が始まってからイギリス政府が多数発行したBNOパスポートを取得した人など、個々人の境遇はまちまちである。

 

特にBNOパスポートは故エリザベス二世女王陛下名義で発行されているので、所持している香港人の故人への思い入れは尚更であろう。

 

上記記事の中にあるように、在英香港人たちの中で追悼の献花に混じって彼らの苦境を表現しているメッセージを捧げた人がいる。それは、

「 The Queen Save HongKongers 」

 

(上記記事より寸借)

 

これにはグッと来た。

 

ともあれ、中共は滅ぶべきである

 ( PRC delanda est )

 

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

ブログランキングに登録しています。

応援いただければ、下記アドレスをクイックお願い致します。

https://blog.with2.net/link/?2009463 )

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

 

唖然とするプーチン発言

 

先週16日にインドのモディ首相と会談したプーチン大統領の発言には唖然とするしかない。

 

産経新聞9月17日配信記事↓

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

印首相、プーチン氏に「戦争の時代でない」

(https://www.sankei.com/article/20220917-CATXWYGTLJPWTHMUYZRXRSPSBY/ )

ロシアのプーチン大統領は16日、ウズベキスタンサマルカンドでの上海協力機構(SCO)首脳会議に合わせ、インドのモディ首相、トルコのエルドアン大統領とそれぞれ会談した。(中略)

プーチン氏はモディ氏との会談冒頭で「ロシアはウクライナでの紛争に対するインドの懸念を理解している」と述べた。その上で「ロシアは紛争ができるだけ早く終わるよう全てのことをしているが、ウクライナが交渉を拒否し、武力で目的を達成しようとしている」と自説を主張した。(以下略、太字は筆者)

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

 

「ロシアは紛争ができるだけ早く終わるよう全てのことをしているが、ウクライナが交渉を拒否し、武力で目的を達成しようとしている」・・・

 

ネタで言っているのでは無いのなら、もしかして痴呆症が露呈して来たのでは?

 

 

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

ブログランキングに登録しています。

応援いただければ、下記アドレスをクイックお願い致します。

https://blog.with2.net/link/?2009463 )

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

 

領海侵されて「懸念」のバカ政権

 

中国人民解放軍に領海を侵されても「懸念」伝達とか、岸田政権は保守の皮を被った中国の手先か?

 

これはかつての民主党政権並みか、あるいはそれを越えているかも知れない。

 

TBS NEWS 9月15日配信記事↓

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

中国軍艦艇の領海侵入に「懸念を伝達」松野官房長官

(https://newsdig.tbs.co.jp/articles/-/153339?display=1 )

中国海軍の艦艇がけさ、鹿児島県・屋久島沖の日本の領海に侵入したことに対し、政府は外交ルートを通じて中国側に懸念を伝達しました。(以下略)

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

 

接続水域どころか明確な領海内への人民解放軍海軍艦艇の侵入、しかも「測量艦」。原潜の作戦行動のために海底の地形や日本側の探査能力などデータを盗る気満々なのは目に見えている。

 

いくら自衛隊が優秀でも、それを統括する政府・政権が無能ではお話にならない。逆に中共としては安心して日本の主権を侵し放題、どうせ岸田政権は「懸念をもって注視します」「検討します」でお茶を濁すに決まっているからだ。

 

恐らく中共は台湾侵略の前段階として沖縄県尖閣諸島は勿論のこと、石垣・宮古先島諸島与那国島を占拠し足掛かりとするだろう。この3島に駐屯する自衛隊が邪魔なので排除したいのと、台湾を包囲する格好になるので台湾本島に直接侵攻せずとも恫喝行為で台湾世論を軟弱化出来るため。

 

そんな事態になっても岸田政権は「注視」し、自衛隊や海保に相手を刺激しないよう努めさせて「警戒監視活動」を指示するだろう。

 

しかし、こちらの思惑はどうあれ中共(およびロシア、北朝鮮)は一切無視して自らの行為を正当化し平気で侵略を行う連中である。

 

故に領海侵犯の軍事艦艇に対しては「懸念を伝達」するのではなく、魚雷や対艦ミサイルをぶち込むとか爆装ドローンによる神風攻撃とかで撃沈するのが正しい対処法なのである。

 

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

ブログランキングに登録しています。

応援いただければ、下記アドレスをクイックお願い致します。

https://blog.with2.net/link/?2009463 )

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

 

衝撃:防衛省内に[G]の影が

( [G]ことデューク東郷「用件を聞こうか…」、筆者撮影 )

 

一昨日(9/13)、所用で久しぶりに市ヶ谷の防衛省へ足を運んだ。訪問先は防衛協会が開催する講演会などでお世話になっている航空幕僚監部航空自衛隊の“本社”)である。

 

そこで頂いたのが、来月5日(水)~7日(金)の3日間に東京ビッグサイトに於いて開催される<危機管理産業展2022>の招待券。

 

 

防衛省航空自衛隊も出展予定で、最終日の7日(金)には航空自衛隊の危機管理について丸茂吉成・元航空幕僚長の講演会が予定されている由。筆者は昨年の増子元統合幕僚副長の講演を拝聴し非常に印象に残ったこともあり、今年も展示会・講演会に参加するつもりである。

 

危機管理産業展2022

(https://www.kikikanri.biz/ )

航空自衛隊

(https://www.mod.go.jp/asdf/ )

 

それはさておき帰りがけに本庁舎1階のロビーで或るモノを目撃し、思わぬ衝撃を受けた。

 

防衛省にあの[G]が来ているのか!

 

そういえば劇画家のさいとう・たかをさんが亡くなったのが昨年の9月(享年84歳)、今年は一周忌である。まさかとは思うがその件で防衛省が招聘したのか…。しかし神出鬼没の[G]のことだから、自分からやって来たのだろう。

 

[G]の侵入を簡単に許してしまうとは、防衛省のセキュリティー体制はどうなっているのだろうか? 速やかに侵入防止の対策をとって頂きたいものである。

 

筆者が目撃したモノとは、これ。

         

(本庁舎1階玄関で警備のおじさんの足元にこれが…)

 

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

ブログランキングに登録しています。

応援いただければ、下記アドレスをクイックお願い致します。

https://blog.with2.net/link/?2009463 )

… … … … … … … … … … … … … … … … … …