賭狂がゆく

港澳(香港、マカオ)往来28年、人生如賭博

無意味な「外に出ないで」連呼

 

先週末、渋谷の駅前で都の職員を大動員して「外出しないでください」連呼や街宣車で「ステイホーム」示威をやっていた。

 

他方、対中共コロナウイルスの「水際対策」が声高に叫ばれている。

 

しかし、今頃になって何をほざいているのか?

 

去る4/30エントリーで明かしたとおり、筆者は昨年3月に帰国日本人も含めた外国からの全入国者を一定期間、全面シャットアウトすべき旨を某衆院議員に説いたが政府に無視された。

 

あれから1年以上経っている。その間、外国からの入国は相変わらずそのまま。待機や隔離も罰則が無いからザルもいいところだ。

 

(ご参考)

尾身会長「日本に毎日2000人が入国。かなりの部分が変異株の多い国から」「外国からの人流を少しでも減らす事が今求められる」

 ↓

(https://twitter.com/hutae_kaina/status/1387412182111948802 )

 

しかし政府は自国民を痛めつける施策ばかりを繰り出し、変異株感染拡大の根本原因といえる外国からの入国者受け入れについて徹底的に止めようとしていない。与野党の議員からも「入国ストップ」という声がマスコミに出てこないのも不思議である。

 

そして小池都知事は都内の百貨店や商業施設への休業要請に加えて、「高級衣料品は生活必需品には当たらない」云々とナンセンスな話をしている。

 

何度も言うが「変異株の広まりを防ぐ」とやらで日本国民には根拠薄弱な制限を課す一方、外国から変異株が入っているのを防ごうとしない。こんな馬鹿げた話があるだろうか。

 

自国民を締め付ける前に、やることがある筈だ。

 

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

ブログランキングに登録しています。

応援いただければ、下記アドレスをクイックお願い致します。

https://blog.with2.net/link/?2009463 )

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

 

勝負師の亀鑑、73歳の桐山九段勝つ

 

将棋の現役最年長棋士である桐山清澄九段(73)が昨14日、自身の引退がかかった第34期竜王戦5組の残留決定戦で上村亘五段(34)と対戦し、141手で勝利した。

 

産経新聞5月14日配信記事

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

将棋界最年長の桐山九段が勝利、現役続行

https://www.sankei.com/life/news/210514/lif2105140037-n1.html )

将棋界の現役最年長、桐山清澄(きよずみ)九段(73)は14日、大阪市福島区関西将棋会館で行われた第34期竜王戦5組残留決定戦で、上村亘(かみむら・わたる)五段(34)に勝ち、現役続行が決まった。負ければ引退となる対局を制し、歴代棋士で9人しか達成していない千勝まであと4勝に迫った。(以下略)

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

 

棋士とは勝負師である。そして勝負師に世間的な定年退職という概念は存在しない。

 

別の報道で桐山九段は、

「勝負できることが幸せです」

「なんとか勝って現役を続行したい」

とも語っている。

 

この「勝負」に相対する姿勢は勝負師の亀鑑とも云うべきで、賭人(ギャンブラー)として大いに見習いたいものである。

 

将棋は実力が勝敗の9割以上を占めるであろう知的格闘技で、そこに「運」という計測不可能な領域が占める余地は少ない。ところが実はプロ(4段~9段)間の実力的格差はプロ対アマよりも少なく、特に8段9段の高段位者や名人、竜王などのタイトルホルダー(現役、経験者)間の実力的格差は僅少である。

 

さすれば勝敗が決まる部分とは何か?

 

それは才能、努力に裏打ちされた「実力」だけでなく、計測不可能な「運」をも呼び込む『勝負強さ』ではないだろうか。

 

この『勝負強さ』を養うために必要なのは、やはり「勝ちたい」という勝負への執念と精神的な強さを持続すること。それが勝負師の矜持である。

 

そしてプロの『勝負強さ』に対する姿勢は、一般の賭人(ギャンブラー)にとっても必要だと思う。

 

時々カジノでの賭け事について「カジノは大人の社交場」、あるいは「カジノはむきになって勝とうとする所ではない」などとええ格好しいことを宣う輩がいるが、そんな台詞は勝負事の本質から目を逸らさせようとする戯言に過ぎない。

 

おそらく良識ある人々からブーイングを食らうのを承知で断言するが、「勝負強く」ありたいと願う人にとって勝負ごと、賭け事は絶対に必要である。そしてカジノで賭けるという行為は、例え少額であっても『勝負強さ』であるとか「運」の流れを読む能力を養うことに繋がってゆく。

 

なによりも大切なのは勝つことを尊ぶ精神、勝ちたいという意思を持続すること。「カッコのいい負け」が大人の姿勢などと言っている人もいるが、それは悔しさの誤魔化しに過ぎない。そんな台詞の繰り返しは人間の生命力を弱くしてしまうだろう。

 

対して前述の桐山九段の勝負へのこだわりを表した言葉は、人間の根源的な強さを呼び覚ますものがある。それが桐山九段を勝負師の亀鑑と評する所以である。

 

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

ブログランキングに登録しています。

応援いただければ、下記アドレスをクイックお願い致します。

https://blog.with2.net/link/?2009463 )

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

 

ガックリした展示会セミナー

 

去る10日にお知らせした、建設(土木・建築)業界と測量業界の最新動向や製品・技術・各種サービスが一堂に会する展示会、

< 第3回 建設・測量生産性向上展 >(会場: 幕張メッセ

を昨日13日に参観した。一番の目的は同時開催された特別セミナーの聴講である。

 ↓

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

国土交通省におけるインフラメンテナンスの取組」

~新技術の活用等による高度化・効率化~

講演者:国土交通省 総合政策局 公共事業企画調整課 調整官 松本 一城氏

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

 

聴講者は概ね120人ほどだった。

 

ところが、肝心の講演者である松本氏が都合により欠席(!)ということで、収録されたビデオ映像をスクリーンで流すという展開に・・・

 

これでは対面セミナーの意味が無い。

 

そういえば先月20日のエントリー↓

中央大学の斬新なオンライン授業風景>

(https://tafu1008.hatenablog.com/entry/2021/04/20/185951 )

 

ここで無意味な対面授業光景に驚いたが、昨日のセミナー会場はもっと「密」な状態。しかも内容が内容だけに、聴講者の9割は「おっさん」で占められていた(手前も同類なので他人のことは言えないが)。

 

どうせなら参加登録者向けにオンライン配信してくれた方が、神奈川からわざわざ千葉・幕張くんだりまで出向くことも無かったのに。

 

内容自体は要点整理に資するものであり、しかも土木学会の継続教育(CPD)プログラム受講証明書が発行されただけに、主催者の建設・測量生産性向上展実行委員会さんには実施方法をもう少し考えて頂きたかったセミナーであった。

 

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

ブログランキングに登録しています。

応援いただければ、下記アドレスをクイックお願い致します。

https://blog.with2.net/link/?2009463 )

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

 

中国空母が洋上で“立ち往生”

 

中国が最初に就役させた空母「遼寧」と初の国産空母「山東」は明らかに周辺諸国にとって脅威となっている。

 

ところがこの2隻が洋上で“立ち往生”してしまうという意外な展開に。

 

NEWSポストセブン5月12日配信記事↓

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

実戦能力に疑問の“動かぬ中国空母” 元副参謀長の責任追及

(https://www.news-postseven.com/archives/20210512_1658169.html?DETAIL )

中国では、初めての国産の航空母艦山東」が母港の海南省三亜市の海軍基地から出港して間もなくして、1日以上も動かなくなった様子が衛星で捉えられた。さらに、もう1隻の空母「遼寧」もやはり公海上で1日以上も止まったままになり、その様子が米海軍艦船によって撮影、公表された。ネット上では「中国の空母はそろいもそろって張子の虎。実戦では全く役に立たないことが証明された」と揶揄する声が出ている。(以下略)

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

 

中国海軍(人民解放軍海軍)の最近に於ける練度の向上は目覚ましく、戦術運動(洋上での艦隊作戦行動)もここ十年で長足の進歩を遂げている筈だったのだが、実際の運用能力は米国に及ばないという事か。

 

5年前に亡くなった“中国の航空母艦の父”である劉華清・元中央軍事委副主席がこの光景を見たら、地団駄を踏んで悔しがることだろう。

 

 

その故・劉華清氏であるが、昨日古い雑誌を読み返していたところ、香港の政治評論誌「前哨」2005年5月号に劉華清氏に関する回想記事が載っていた。

 

劉氏の談によると、1970年に氏が配属されていた造船工業指導セクションに於いて、上層部の指示により航空母艦建造についての議論がなされていた由。

更に1980年、氏が米国訪問した際に、アメリカ海軍の空母「キティホーク」を視察したことが強いインパクトを与えたという。

 

80年代になると鄧小平が人民戦争戦略を転換し、国土の外側で敵を迎え撃つ「積極防衛戦略」を打ち出すのだが、それに呼応して腹心の劉氏も「近海積極防衛戦略」を提唱し、中共海軍の防衛範囲を外側に広げていく、つまり外洋海軍の建設を打ち出したのである。

 

中共海軍の作戦海域を近海の第一列島線と外洋の第二列島線の二つに分ける概念も、劉華清氏が海軍司令員(総司令官)だった時代に生まれたもので、中共艦船が我が国周辺海域で活動しているのはこの戦略に沿っている。

 

その後、劉氏が海軍司令員に在任中の1986年11月、中国海軍内部で海軍発展戦略研究会が開催され、中国の海洋権益維持と南沙諸島収復(占領)、台湾回帰(つまり台湾侵攻)などの戦略が討議された際に、航空母艦の整備が論じられている。

 

1987年3月の共産党中央軍事委員会では、海軍装備計画の二大問題として、原子力潜水艦航空母艦の両方が海軍建設の中核に位置づけられているが、どうも中国海軍部内で潜水艦を主力として駆逐艦護衛艦などの通常戦力の充実を唱える向きと、空母を中心とする対外洋戦力の充実を考える向きとの間に論争があったことを窺わせる。

 

この時には自前で空母を建造する技術力が無かった事と、航空母艦の建造コストおよび搭載機の整備に莫大な費用がかかるため研究課題となっている。

 

しかし空母自体の設計や搭載機、電子装備などの研究は継続され、更にロシア海軍航空母艦設計者を招聘するなど、航空母艦建造の技術的ノウハウは着実に蓄積されていた。

 

空母「遼寧」の前身である旧ソ連空母「ワリヤーグ」買収に当たっては、劉氏の意向が強く働いていたようであるが、これも他国製の艦艇で間に合わせるためでは無く、中共自身の航空母艦建造に向けてのステップであった。

 

現実に「ワリヤーグ」=「遼寧」は中共海軍にとって、航空母艦の建造から艦載兵装、電子装備などの実験、艦載機の離発着訓練や新型搭載機の開発試験、そして空母運用の実地訓練と要員の教育に至るまで、航空母艦の各種知識を得る絶好の教材となった。

 

それらの知見を元に建造された筈の国産空母「山東」がしかし、洋上で動かなくなってしまうという致命的な失態を演じるとは・・・

 

本件をもって中国の海軍力の実際を過小評価するのは問題があるが、軍事はハードウェアばかりを増大すれば事足りるという事でも無いという好例とも言える。もって他山の石としたい。

 

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

ブログランキングに登録しています。

応援いただければ、下記アドレスをクイックお願い致します。

https://blog.with2.net/link/?2009463 )

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

 

今月の詞:土方歳三「一杯だけだぞ」

 

昨年5/22封切り予定だったが、コロナ禍で公開延期となっていた、司馬遼太郎原作「燃えよ剣」を映画化した燃えよ剣岡田准一主演)。既に報じられているように2021年10月15日に公開が決定している。

 

f:id:tafu1008:20210512033428j:plain

 

その主人公は新撰組副長・土方歳三である。

 

戊辰の役の最終局面となる明治元年(1868年)10月、榎本武揚旧幕府軍が艦隊を擁して蝦夷地の箱館(函館)に割拠した「箱館戦争」。土方は選挙により「陸軍奉行並(陸軍次官に相当)」に選出され、箱館政府の重鎮となる。

 

明治2年(1869年)4月9日に新政府軍が蝦夷地南西部の乙部(現・北海道乙部町)に上陸した。彼らは箱館奪還を目指して3方向から進撃を開始したため、土方は最短ルートである「二股口(現・北海道北斗市中山峠)」に軍勢を率いて布陣、4月13日~4月29日(1869年5月24日~6月9日)まで新政府軍の進撃を阻止したのである。

 

戦闘は陣地防衛の激しい銃撃戦となり、新政府軍は土方軍の2倍の兵力を注ぎ込んだものの最後まで主要陣地を攻略できず、逆に土方軍の反撃で指揮官の駒井政五郎(長州藩士、吉田松陰門下)が戦死するという激戦であった。

 

この「二股口の戦い」で土方が指揮した軍勢は直属の新撰組ではなくフランス式訓練を受けた旧幕府歩兵隊の兵士達だった。激しい戦闘の合間に土方は各陣地を廻って、自ら兵士達に酒を振る舞ったというエピソードが残っている。

 

土方の側近だった旧新撰組島田魁の日記に、「総督自ら樽酒を携え、諸壁して兵に贈り謂う、(中略)吾、重賞を与う。しかれども、酔いに乗じて軍律侵すを患い、ただ一椀を与うのみ」とある。

 

「みんな、よく頑張ったな。しかし酔っ払って軍律を破ると困るから、一杯だけだぞ」と指揮官自ら酒を振る舞う土方の姿が目に浮かぶようである。そして兵士達も、新撰組の鬼と評された土方の意外な姿に驚き、士気が上がったと云われている。

 

f:id:tafu1008:20210512033630j:plain

 

土方歳三への同時代の人の評価はまちまちである。総じて京都の新撰組副長時代は冷徹・峻厳な「鬼副長」として知られた土方だったがしかし、幕府瓦解後の会津戦争箱館戦争を通して180度人格が変ったかのような変化だったという。

 

「生質英才にて飽迄剛直なりしが、年の長ずるに従い温和にして人の帰する所赤子の母を慕うが如し」。これは最後まで戦った新撰組隊士の中島登が土方について書き残した一節。

 

また榎本武揚は後年、土方を評して「入室伹清風(にゅうしつしょせいふう)」。土方が部屋に入ってくると一陣の清風が吹くような、爽やかな人物だったと回顧している。

 

そんな土方歳三の最期は明治2年5月11日、新政府軍の箱館総攻撃に於ける反撃戦闘の最中であった。馬上指揮していた土方は狙撃され、腹部に銃弾を受け戦死。享年35歳。

 

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

ブログランキングに登録しています。

応援いただければ、下記アドレスをクイックお願い致します。

https://blog.with2.net/link/?2009463 )

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

 

住友金属鉱山が大幅増配を発表!

 

当ブログでも度々触れている住友金属鉱山東証、5713)は国内最大の金産出量を誇る「菱刈鉱山」を擁し、また銅やニッケルなどの非鉄金属の資源開発・製錬に重点を置いている準非鉄メジャー企業である。

 

昨年2020年3月期(第95期)の決算に於いて同社は事前予想に反し、中共コロナ禍に見舞われたにも関わらず期末配当を10円増配の1株当たり39円とした。従って年間配当金も10円増配の1株当たり78円に修正した。

 

しかし同社の業績見通しと経営計画は毎度の事ながら保守的に過ぎるきらいがあり、昨年8月の時点での2021年3月期業績予想から勘案された2021年3月期の配当予想は、中間10円、期末31円の年間計41円と大幅減額。

 

その余りに慎重すぎる予想と、以前書いたように同社の「利益が減ったので配当減らします、利益が出たので配当増やします」・・・という安易な株主還元政策に呆れかけたので、昨年8月から関連エントリーを書く気にもなれなかった。

 

しかしその後の第3四半期決算短信では流石に配当を上方修正し、中間22円、期末78円の年間計100円と評価できる内容に変更。そして昨日10日に出た決算短信では、なんと大幅な増配を発表した!

 

(https://www.smm.co.jp/news/release/uploaded_files/210510_1.pdf )

 

2021年3月期の期末配当を78円→99円と21円増額。従って中間22円と併せて年間121円である。これは同社としては過去最高水準である。

 

また2022年3月期予想は更に増配し、中間71円、期末62円の年間計133円!

 

願わくは、従来の保守的すぎる経営計画数値や業績予想の裏付けとなる金属市況予想をもう少し上方修正へと改善し、長年応援している株主の期待に応えてもらいたい。

 

そして銅などの非鉄は国際市況が上昇中であり、今後の電気自動車(EV)需要の高まりで使用される量も増加すると見られている。更に同社は最近取り沙汰されている「水素」関連銘柄でもあり、今後も注目されてゆくだろう。

 

株価は今年2月に高値5584円をつけた後、4500~4800円台を彷徨っていたが、先週末から5000円台を奪還し昨10日は終値5283円。単元株数は100株なので値が張ってきているものの今後の伸びしろに期待できるので、深押しした時点が好機であろう。

 

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

ブログランキングに登録しています。

応援いただければ、下記アドレスをクイックお願い致します。

https://blog.with2.net/link/?2009463 )

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

 

幕張メッセの展示会は予定通り開催!

 

f:id:tafu1008:20210510020645j:plain

 

緊急事態宣言3の延長で、都内で開催予定のイベントが軒並み休止/延長に追い込まれている。先月26日(月)~ 28日(水)に予定されていた【 Japan IT Week 】も延期となったのは4/26エントリーで書いた通り。

 

また先週に政府は東京に隣接する千葉、埼玉、神奈川の各県に対して、5月末まで「まん延防止等重点措置」の延長を発表した。

 

これにより5月12日(水)〜14日(金)の間で開催が予定されていた、建設(土木・建築)業界と測量業界の最新動向や製品・技術・各種サービスが一堂に会する展示会、

< 第3回 建設・測量生産性向上展 >

  〜次世代を担う最先端技術が一堂に〜

も中止或いは延期が危ぶまれていたが、主催者発表では予定通り開催と知らせてきたのでホッとした。

 

会場:  幕張メッセ千葉市美浜区中瀬2-1、最寄り駅:JR海浜幕張駅

日時: 5月12日(水)〜14日(金)

時間: 10時〜17時※最終日のみ16時

主催:  建設・測量生産性向上展 実行委員会

後援:  経済産業省国土交通省

HP: (https://cspi-expo.com/ )

 

前にも述べたように昨年来、東京ビッグサイト幕張メッセなどの大型展示施設に於いて新型コロナウイルスの集団感染が発生した事例は皆無である。それは各イベントの主催者がしっかりしたコロナ感染対策をとってきたことと、来場者も節度をもって行動しているためである。

 

先ずは主催者の努力と英断に敬意を表したい。

 

そして政府は説明不足の実質ロックダウンで国民を痛めつける前に、もっとやるべき事がある筈だ。

 

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

ブログランキングに登録しています。

応援いただければ、下記アドレスをクイックお願い致します。

https://blog.with2.net/link/?2009463 )

… … … … … … … … … … … … … … … … … …