賭狂がゆく

港澳(香港、マカオ)往来28年、人生如賭博

美味しい銘菓紹介「バナナ最中」

 

以前、青森でおもしろい菓子パンを見つけて購入した話は2年前のエントリーで書いた通り。

 ↓

2019年12月28日エントリー

<「太宰治生誕記念パン」を発見!>

(https://tafu1008.hatenablog.com/entry/2019/12/28/132639 )

 

青森県と聞いて真っ先に思い浮かぶのが「津軽海峡冬景色」に夏祭りの「ねぶた」、食べ物は「大間のマグロ」、そしてフルーツは「りんご」と云った所が定番。

 

その「りんご」を使ったスイーツ&お菓子は多いが、今回ご紹介するのは意外な果物「バナナ」をモチーフにしたお菓子である。

 

f:id:tafu1008:20211206214725j:plain

 

津軽銘菓 「バナナ最中」

 

弘前市の(株) かさい製菓さんが製造・販売している銘菓で、津軽地方では昭和初期から親しまれていた和菓子の由。当時はバナナが今ほど手軽に食べられる果物ではなかったので、庶民がバナナ風味を味わえるようバナナ型の最中として餡の中にバナナの風味を練り込んだ逸品。

 

小売価格は1個¥140と手頃なため、今回はバラ売りで5個買ってみた。現地だけでなく通販でも売っているそうなので、和菓子ファンの方に是非お薦めしたい。

 

株式会社かさい製菓

http://kasai-seika.co.jp/

〒036-8171 青森県弘前市大字取上1-4-14  TEL 0172-36-0511(代表)

 

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

ブログランキングに登録しています。

応援いただければ、下記アドレスをクイックお願い致します。

https://blog.with2.net/link/?2009463 )

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

 

田中理事長逮捕は何処に繋がる?

 

脱税容疑で逮捕された“日大のドン”こと田中理事長。もちろんこれは単純な脱税事件ではなく、田中理事長の人脈と金脈が何処に繋がり、何が「本丸」なのかが問題だ。

 

これは順当な線であろう。日大のカネを私物化したことや出入り業者からの収賄が裏付けられれば、ここで終わるかも知れない。

 

(2)反社との繋がり

既に報じられているように田中理事長と複数の指定暴力団幹部との交際は深い。「週刊文春」記事の他にSNS上でも多くの写真が出回っている。例えば住吉会会長と一緒に並んでいる写真や山口組六代目組長とのクラブでのツーショットなど。

 

反社系へのカネの繋がり、もしくは反社人脈をちらつかせた脅迫・威圧による大学の私物化に捜査の手が及ぶのか。

 

(3)学生力士&外国人紹介の際にカネが動いたか

マチュア相撲界出身の田中理事長は日大相撲部の学生力士を各相撲部屋に入門させることは勿論、例えばジョージア出身の元小結・黒海エストニア出身の元大関把瑠都ら外国出身力士の入門に際しても強い影響力を及ぼしていたという。

 

これらに関して各相撲部屋との間で不適切なカネのやりとりがあったのかどうか、今後の捜査で明らかになるかも知れない。

 

(4)特定反社に繋がるか

相撲部屋のひとつ、出羽海一門尾上部屋(おのえべや)は、日大相撲部出身の年寄・17代尾上(元小結・濱ノ嶋)が創設し、日大相撲部出身者が多数入門していた。また前述の元大関把瑠都の所属部屋でもある。

 

この尾上部屋の関西に於ける有力タニマチが、特定反社たる連帯ユニオン関西生コン支部の武建一委員長であった。尾上部屋関西後援会の会長に武委員長の子分が就任したり、大相撲の巡業に関西生コン支部が協力したりと昵懇の関係であった。

 

その尾上部屋設立10周年記念祝賀会に於いて当時衆議院議員だった辻元清美氏が祝辞を述べたりしていたのも、関西生コン支部との関係故だったのだろう。

 

田中理事長の人脈繋がりでゆくとここまで辿れるが、加えてカネ絡みで捜査が及ぶのかどうか、今後の展開が見物である。

 

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

ブログランキングに登録しています。

応援いただければ、下記アドレスをクイックお願い致します。

https://blog.with2.net/link/?2009463 )

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

 

京都・紅葉の龍安寺にて思う

 

昨日(12/2)は用事で久しぶりの京都。時間を作って久しぶり(おそらく30年ぶりくらいか)に、紅葉の映える龍安寺を参詣した。

 

f:id:tafu1008:20211203055747j:plain

 

先週は京都が観光客で賑わっている云々のニュースがあったので、平日も混んでいるかな?と思っていたが案に相違して参詣客は少なく、実にゆったりとした時間を過ごすことが出来た。

 

f:id:tafu1008:20211203055806j:plain

 

前にも書いたが、2年前のインバウンド外国人観光客様々だった情景は一体何だったのだろうかと思いを巡らすことしきり。

 

f:id:tafu1008:20211203055821j:plain

 

先月までの国内におけるコロナの沈静化で「夢よ、もう一度!」とばかりに動き出していたインバウンド外国人観光客頼みの一部観光業界人に、冷や水を浴びせた観のあるオミクロン株出現。しかしこれもそう悪いことばかりではない。

 

中共コロナウイルスがもたらした意外な効用のひとつは、インバウンド狂騒の極みから正気を取り戻せた事ではなかろうか。

 

外国の人が我が国の文化に関心を寄せて来日するのは、安全保障の面からも好ましい事である。しかしながら特定アジア人(端的に言えば中共国籍人)の場合、中共の「観光侵略政策」すなわち相手国の観光業界と観光政策を中国人依存体質に改変してしまおうとする戦略の手駒として使われている。

 

「儲かるなら知ったこっちゃない」というのが我が国だけでなく世界的な流れだったが、コロナ禍に加えて中共の人権弾圧とあこぎな貸し付け~債務不履行で相手国の土地や港湾などのインフラ差し押さえ等々で目が覚めた人が多数出てきた。

 

そして、一昨日のBBCで報じられた、中共による「スペインなど海外での台湾人逮捕→中国に拉致」というショッキングなニュース。

 

BBCニュース12月1日配信記事↓

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

海外で逮捕の台湾人600人超、中国へ強制送還=人権団体報告書

(https://www.bbc.com/japanese/59486724 )

2016~2019年の間に海外で逮捕された台湾人600人以上が、中国に強制送還されていたとする報告書を、人権団体が11月30日に発表した。

スペインを拠点とする人権団体「セーフガード・ディフェンダーズ」は報告書で、こうした送還が「台湾の主権を弱めるための道具として利用されている」と指摘している。(以下略)

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

 

記事タイトルも中身も「強制送還」となっているが、もちろん中華人民共和国中国共産党が台湾を支配している訳ではない。台湾は現在「中華民国」なので、正しくは中国への「拉致」である。

 

例の中国が香港弾圧に使っている“海外でも適用される国内法”「国家安全維持法(国安法)」は中国に批判的と見做された外国人にも適用されるので(条文にそう書いてある)、近いうち日本国内の日本人も安全ではなくなる。

 

例えば『尖閣、沖縄は中国の領土ではない』と主張したら拉致されて、海外メディアが「中国に強制送還」と報じる時代がやってくるだろう。

 

ところが日本政府は“遺憾砲”を出すばかりで謝謝茂木外相が訪中、経済界もユニクロ無印良品ニトリは勿論として他の製造業も中国頼みから脱却出来ず、またスポーツ界も「政治とスポーツは別」「オリンピックに出場できないのは悲しい」云々と選手に言わせて北京オリンピック万歳、そして観光業界はまたぞろインバウンド中国人観光客ウエルカム・・・

 

目覚めないか、もしくは目を逸らしたい・逸らせたい者が沢山出るだろう。

 

それでいいのか? それで…

 

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

ブログランキングに登録しています。

応援いただければ、下記アドレスをクイックお願い致します。

https://blog.with2.net/link/?2009463 )

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

 

今月の銘言「振り向くな、後には夢がない」

 

なんと、知らずやここに12月、もう2021年も終わりである。来年は筆者もとうとう還暦を迎えることとなった。

 

それもあってか、最近はYouTubeで「定年後、第二の人生の始め方」だとか「定年後、毎日どう過ごす?」だとかの動画を視聴するようになった。

 

そこで取り上げられていた、実際にリタイヤした元サラリーマンが自己紹介のときに、聞かれても無いのによく口にする台詞にこんなのがある。

「私はちょっと大きい、と言うか一部上場の○○社で部長をやってまして」

 

酷いのになると再就職の自己紹介の時に、過去どんな職種をやっていたかではなく、「私は○○で部長をやっていました」云々と喋っている人もいる。

 

これはよくあるパターン。そもそも「部長」やら「管理職」やらは会社が与えてくれた役職や立場でしかない。従って組織を離れた後は何の意味も持たないのだが、この手の類の人は思考が現役時のままで止まっているか後戻りしていて、端から見れば「へぇー、この人はこの程度か」と底が見えてしまう。

 

それもこれも、ご本人に「いままでの仕事以外に取り組んでいること」、言い換えれば「夢」が無いことに起因している。

 

そこでご紹介したいのが、劇作家かつ詩人でもあった寺山修司(1935年12月10日生~1983年5月4日没)の銘言である。

 

「振り向くな、振り向くな。後には夢がない。」

 

かつて属していた組織をリタイヤしたら、その後は再就職するにせよ独立するにせよ、過去に何の役職だったかなど振り返るだけ無駄である。「夢」を持っていれば良し、そうでないにしても目前の仕事に全力で取りかかるのみではないだろうか。

 

既に組織をリタイヤした方、そしてこれからリタイヤを迎える方に、この銘言を是非贈りたい。

 

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

ブログランキングに登録しています。

応援いただければ、下記アドレスをクイックお願い致します。

https://blog.with2.net/link/?2009463 )

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

 

中共に忖度する南ア大統領に失望

 

南アフリカで出現確認された新変異株である「オミクロン株」。これに対する世界各国の入国規制について、当の南ア大統領が「差別」だとか言い出した。

 

毎日新聞11月29日配信記事↓

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

オミクロン株拡大、各国の入国規制に「失望」 南ア大統領

(https://mainichi.jp/articles/20211129/k00/00m/030/003000c )

新型コロナウイルスの新たな変異株「オミクロン株」を巡り、各国政府がアフリカ南部諸国からの入国規制を強めていることについて、南アフリカのラマポーザ大統領は28日、国民向けの演説で「南アフリカや周辺国に対する不当な差別だ。深く失望している」と述べた。日本や米国を名指しで批判し、直ちに撤回するよう求めた。(以下略)

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

 

「差別」、そして類語の「ヘイト」もそう、言ったもん勝ちで相手を攻撃するには実に便利な言葉だ。しかし、それが何にでも通用すると思ったら大間違いである。

 

そもそも所謂「新型コロナウイルス」は何処で発生したものなのか?

南ア大統領が言及しなかった中国ではないのか?

故に「武漢肺炎」であり「中共コロナウイルス」なのだ。

 

しかし南アフリカの最大の貿易相手国は中国、従って忖度があるのは当然と言えば当然。そして南ア大統領も中国べったりである。例えば↓

 

エコノミストオンライン10月25日配信記事↓

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

南アフリカ 有力紙の一面を中国が買い取り=平野光芳

(https://weekly-economist.mainichi.jp/articles/20211102/se1/00m/020/067000c )

南アフリカの有力紙『スター』が7月1日、中国共産党の創設100周年を祝う記事風広告を1面全面で掲載した。「中国とアフリカは協力して働く」との見出しで、習近平総書記と南アのラマポーザ大統領が握手する写真を据え、同大統領のお祝いのメッセージを掲載。中国共産党の歴史や意義を、続く2面まで使って解説した。(以下略)

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

 

この中国はオミクロン株について「恐れる必要はない」(官営メディア)と専門家に言わせている。なにしろ北京2022冬季オリンピックが来年2月4日からと残り3ヶ月を切っており、国(と共産党)の威信をかけて「問題ない」と全力で否定するだろう。

 

ちなみに南アフリカのワクチン接種率は27日の時点で24.1%の由。そこで予想されるのは中国による南アへのワクチン無償提供に加えてマスクや検査キットの初回無償提供。

 

そして来月あたりには「オリンピック出場選手と関係者、マスコミ関係者に対して中国製ワクチン2回接種の義務づけ」をWHOと共同で全世界に押し付けるのではなかろうか。

 

全世界のピンチは中国にとってのチャンス、「Xi」の思考はまともではない事を改めて認識すべきだろう。

 

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

ブログランキングに登録しています。

応援いただければ、下記アドレスをクイックお願い致します。

https://blog.with2.net/link/?2009463 )

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

 

尖閣警備の石垣海保に期待の増援!

 

昨年の長崎県対馬市に引き続いて国境離島の現状に関する視察として、先週筆者ら有志が沖縄県石垣市与那国町を訪問したことは17,19日のエントリーで記したとおり。

 

その折に海上保安庁の石垣海上保安部を訪れ、石垣港に停泊中の1000トン型巡視船(※1)「あぐに」に乗船させて頂いた。

 

f:id:tafu1008:20211127150307j:plain

(以下筆者撮影)

 

港には去る平成22年9月、尖閣諸島付近で違法操業し領海侵犯した中国漁船に体当たりされた180トン型巡視船「みずき」も接岸していたが、破損箇所の補修跡が事件の深刻さを物語っていた。

 

f:id:tafu1008:20211127150334j:plain

 

この石垣海上保安部(石垣港)に新たに配備されたのが、海保最大級のヘリコプター1機搭載型巡視船で約7300トンのれいめい型巡視船「あさづき」(※2)である。昨日(26日)に石垣港に到着した。

 

八重山日報11月27日配信記事↓

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

石垣港 国内最大級の巡視船配備 尖閣警備、災害対応で活躍

(https://yaeyama-nippo.co.jp/archives/17305 )

ヘリコプター搭載型巡視船「あさづき」が12日付で第十一管区海上保安本部に配属され、26日午前、石垣港に初入港した。海上保安庁が所有する最大規模の巡視船で、総トン数6500トン、長さ150メートル、幅17メートル、ヘリコプター最大2機が搭載可能。石垣市の行政区域である尖閣諸島の警備強化や、大規模災害での活躍が期待される。

(以下略)

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

 

石垣海上保安部が属している第十一管区海上保安本部沖縄県那覇市)は沖縄県周辺の東シナ海および太平洋の広大な海域を管轄範囲とする、海上保安庁の管区海上保安本部の一つである。管轄下の保安部は那覇、中城、宮古島、石垣の4保安部。また那覇と石垣に航空基地を有する。

 

十一管は増強に次ぐ増強で現在巡視船32隻を有し、全国11ヶ所の管区の中で最大勢力の管区となっている。尖閣諸島を含む八重山諸島周辺の領土・領海を担当している石垣海上保安部には11月1日現在、1000トン型巡視船 13隻、180トン型巡視船1隻、巡視艇2隻、監視取締艇1隻が配備されている。

 

1000トン型巡視船の内、10隻は尖閣諸島領海警備の専従。そしてこの度配備された大型巡視船「あさづき」の加入で、領海侵犯を繰り返している中国に対する厳とした我が国の姿勢を示すことが出来る。

 

日夜領海を守り、災害に備え、海の治安の確保に尽力している、「海の防人」こと海保十一管と石垣海上保安部の皆さんのご多幸を祈る次第である。

 

(※1) 1000トン型巡視船の兵装

   20mm多銃身機関砲×1基

(※2) れいめい型巡視船の兵装

   70口径40mm単装機関砲×2基、20mm多銃身機関砲×2基

 

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

ブログランキングに登録しています。

応援いただければ、下記アドレスをクイックお願い致します。

https://blog.with2.net/link/?2009463 )

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

 

鉄道技術展2021を観覧

f:id:tafu1008:20211126001554j:plain

 

千葉県の幕張メッセにて「第7回鉄道技術展2021」が開催されている(26日まで)。主催は産経新聞社、後援は国土交通省経済産業省文部科学省/千葉県/千葉市独立行政法人日本貿易振興機構など独法4団体/JR7社と東京地下鉄株式会社

 

出展者は鉄道や各種交通システムに関係する企業・団体で、車両や施設、インフラ技術、輸送、運行管理、インテリア、旅客サービス関連のソフトウェア、インフラの維持補修など鉄道分野の各種技術が一堂に会する展示会である。

 

筆者は現在、首都圏の交通・土木インフラの再編を検討する協議会に関わっているため観覧したが、この展示会の内容は業務関係者だけで無く一般の「鉄ヲタ」にとっても相当魅力的なものではないだろうか(但し「撮り鉄」は除く)。

 

最終日26日は10:00〜17:00まで開催。入場料は当日窓口 2,000円となっているが、インターネットからの事前登録者は無料となっている。

※展示会来場事前登録はこちらから

 ↓

https://www.expo-form.jp/mtij2021/entry.php )

 

また来年は大阪で初開催される由。

f:id:tafu1008:20211126001620j:plain

 

≪鉄道技術展・大阪≫ 

会場:インテックス大阪

会期:2022年5月25日(水)〜27日(金) 10:00〜17:00 

http://www.mtij.jp/osaka/

 

… … … … … … … … … … … … … … … … … …

ブログランキングに登録しています。

応援いただければ、下記アドレスをクイックお願い致します。

https://blog.with2.net/link/?2009463 )

… … … … … … … … … … … … … … … … … …